2014/01/26(Sun)
11R 第55回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)
◎7番ダノンバラード
○10番ヴェルデグリーン
▲14番レッドレイヴン
△12番トゥザグローリー
×8番マイネオーチャード
注1番フェイムゲーム

本命はダノンバラードにしました。
G1では、もの足りませんが、
重賞の2000m~2200mでは、
安定した成績を残しています。
上がりのかかる競馬が合っているので、
今の中山の舞台は合いそうです。
今回は後ろの馬が多いので、
展開も向きそうですよね。

11R 第31回 東海テレビ杯東海ステークス(GII)
◎14番ニホンピロアワーズ
○2番グレープブランデー
▲10番サトノプリンシバル
△12番グランドシチー
×3番マイネルバイカ
注15番ソリタリーキング

左回りだと、少しササる面があるのですが、
実績断然のニホンピロアワーズが
人気に応えてくれそうです。
あと、好調馬が結果を残すレースなので、
前走1着組のマイネルバイカを穴で狙ってみます。
 ナリティー at 2014/01/26(Sun) 05:58 
2014/01/25(Sat)
11R 第49回 京都牝馬ステークス(GIII)
◎3番ドナウブルー
○12番エアジェルブロワ
▲10番ノーブルジュエリー
△1番ノボリディアーナ
×13番ゴールデンナンバー
注14番ウリウリ

本命はドナウブルーにしました。
このレースで引退となりますが、
最後に有終の美を飾ってほしいところです。
京都コースマイルCSは牡馬と混じって
3着・5着の成績で牝馬では最先着馬。
ここは牝馬限定戦ですので、やってくれるでしょう。
展開はスローで流れますので、
ある程度前々で競馬できるエアジェルブロワ。
ここ3戦は強い馬がいて2着止まりですが、
安定感は光ります。
 ナリティー at 2014/01/25(Sat) 07:52 
2014/01/18(Sat)
11R 第61回 日経新春杯(GII)
◎1番サトノノプレス
○8番アドマイヤフライト
▲4番フーラプライド
△9番コウエイオトメ
×14番ラウンドワールド
注13番ラブイズプーシェ

過去にゴールドシップやトゥザグローリーなどが勝っているレース、
今年のメンバーは、それに比べると小粒な印象です。
本命はサトノノブレスにしました。
菊花賞2着や神戸新聞杯3着など、安定した成績で、
それで鞍上強化のルメール騎手とくれば、
やっぱり期待してしまいます。
京都外回りコースの相性は「1.1.0.0」と抜群です。
アドマイヤフライトも上記と同じ内容ですが、
こちらは人気になっているので、
配当面を考えて2番手評価。
穴でコウエイオトメ、京都外回りコース狙ってみます。

11R 第54回 京成杯(GIII)
◎8番ディアデルレイ
○16番キングズオブザサン
▲1番ポルボッシュ
△6番エアアンセム
×14番ピオネロ
注11番アデイインザライフ

本命のディアデルレイの前走、葉牡丹賞は2着でしたが、
その勝ち馬キングオブザサンが大外枠に入り、
この2頭中心の予想にしました。
ディアデルレイは出遅れて、最後は脚を余していました。
うまく流れに乗れれば、逆転の可能性もありそうです。
キングオブザサンは終止、外を回る展開だと厳しいので
先行力を生かして、うまく内へ入れたいところです。
ポルボッシュの前走は、かなりしぶとい走り。
時計が優秀でした、ここでも通用しそうです。
ネオユニヴァース産駒ピオネロは東京よりも中山向きです。
札幌2歳S組の上位組は重賞でも結果を残しているので。
かなりのメンバーが揃い、能力比較が難しいレース。
◎○▲の3頭は中山とは好相性なので、
なんとかやってくれるのではと思います(笑)。
 ナリティー at 2014/01/18(Sat) 16:57 
2014/01/13(Mon)
11R 第30回 フェアリーステークス(GIII)
◎1番シーロア
○3番リラヴァティ
▲6番グリサージュ
△7番オメガハートロック
×4番エクセレントビュー
注8番マユキ

500万下の馬ばかりで、重賞でオープン馬がいないのは
JRA史上初めての事。
それだけに大混戦のオッズです。

中山マイル戦でやはり内枠有利。
力関係は不明も、前走で好メンバーが揃う未勝利戦を
勝ち上がったシーロアを中心に抜擢します。
好位から、スッと反応しての勝利は
瞬発力を求められる中山コースにピッタリです。
 ナリティー at 2014/01/13(Mon) 05:32 
2014/01/12(Sun)
11R 第48回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
◎12番ミッキーアイル
○11番モーリス
▲2番タガノグランパ
△1番ウインフルブルーム
×8番ピップレボルシオン
注3番アグネスミニッツ

戦前の予想ではミッキーアイルが逃げそうですが、
2番手からでも、競馬は出来そうですね。
内枠のウインフルブルームを先に行かせても、
離れた2番手追走で十分だと思います。
ある程度、各馬の位置取りがハッキリしているメンバー構成、
平均ペースになると予想して、
直線に入っての瞬発力勝負、
エンジンの掛かりが遅いモーリスは初めてのマイル戦ですが、
もともと距離が伸びた方が良い血統なので2番手評価です。
ウインフルブルームも強いですが、
朝日杯のレベル自体が低評価気味で
ここの3着の過大評価は避けたいところ。
外回りコースで見直したいのはビップレボルシオン、
新馬戦で見せた末脚を生かせる舞台ですね。
 ナリティー at 2014/01/12(Sun) 05:51 
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
最新記事
最新コメント