2013/03/31(Sun)

11R 第45回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)
◎5番ダイワマッジョーレ
○10番ダイワファルコン
▲9番リアルインパクト
△1番ガルボ
×2番ムクドク
注7番ホーカーテンペスト

本命ダイワマッジョーレ
結果的には2着に惜敗した前走の東京新聞杯だが、
内容的には見どころ十分だった。
あおり気味のスタートだったこともあり、
前半は無理せずに後方を追走。
最後の直線では馬群を縫うようにぐいぐいと末脚を伸ばし、
メンバー中最速の上がり32秒7で1着馬クラレントを半馬身差まで追い詰めた。
その時の馬体重が434キロと牡馬にしては小柄なタイプだが、
走りは実にダイナミックで、瞬発力も相当なものがある。

11R 第57回 産経大阪杯(GII)
◎5番オルフェーヴル
○14番ヴェルシーナ
▲7番エイシンフラッシュ
△3番ショウナンマイティ
×4番ダークシャドウ
注6番トウカイパラダイス

本命オルフェーヴル
クラシック3冠を制し、有馬記念も優勝。
昨年の阪神大賞典は3コーナー近くで大きく逸走し、
盛り返すも2着。宝塚記念で復活劇を見せ、
フランスではフォワ賞を勝つと、凱旋門賞では大外から進出し一時は先頭。
夢にまで見た日本馬初優勝の瞬間は目前だったが、
最後の最後にソレミアに差されてしまった。
その後はジャパンCではジェンティルドンナとの叩き合いで
惜しくもハナ差2着。今回はそれ以来のレースとなる。
夢は今年も凱旋門賞。ここは負けられない一戦だ。
 ナリティー at 2013/03/31(Sun) 05:31 
2013/03/24(Sun)
11R 第43回 高松宮記念(GI)
◎17番ダッシャーゴーゴー
○11番ロードカナロア
▲8番マジンプロスパー
△9番サンカルロ
×15番サクラゴスペル
注12番ドリームバレンチノ

本命ダッシャーゴーゴー
これまで中京コースは「0.0.1.2」ですが
走り方自体は左回りのスムーズだと思います。
去年はデキがあまり良くない状態でも4着と好走しました。
今年は、2着→2着と少しずつ体が絞れて
ここを目標に調整できていますね。
ロードカナロア1強のようですが、
配当面でも、こちら面白いと思います。

11R 第20回 マーチステークス(GIII)
◎3番ドラゴンフォルテ
○14番サイオン
▲15番グランドシチー
△16番ジョヴァンニ
×1番フレイムオブピース
注4番バーディバーディ

本命ドラゴンフォルテ
54キロのハンデで得意の中山なら好走可能
前回は展開がうまくハマった感は否めないが、
それでも中山だと終いの伸びが違います。
デキは引き続き好調で意外に穴人気になりそうだが、
それでも狙ってみる価値は十分です。
 ナリティー at 2013/03/24(Sun) 06:17 
2013/03/23(Sat)
11R 第60回 毎日杯(GIII)
◎6番キズナ
○10番コメットシーカー
▲4番バットボーイ
△11番ラブリーデイ
×13番アドマイヤツヨシ
注2番サトノキングリー

本命キズナ
5着と敗れた前走だったが、ゴール前の脚は一番。
勝ったカミノタサハラは4角手前からステッキが入っており、
武豊騎手はこの馬を避ける形で窮屈なところへ。
結局、行き場を失って差して届かず。
あのまま勝ち馬の後ろをピタリと回っていれば
この馬が一気に突き抜けていたはずだ。
今回は鞍上のプライドを賭けて負けられない一戦。
阪神の外回りなら余裕を持って乗れるでしょう。

11R 第61回 日経賞(GII)
◎4番タッチミーノット
○13番オーシャンブルー
▲14番フェノーメノ
△9番トランスワープ
×8番アドマイヤフライト
注5番ダノンバラード

本命タッチミーノット
前走は外枠を引いたために道中の位置どりが
いつもより後方。いくらメンバー最速の上がりでも
届かなかったのは展開が向かなかっただけで、
悲観材料ではない。
長目の距離でも勝っているし、血統的にも
距離延長がマイナスになることはない。
今回は内枠。いつも通り中団で競馬ができれば、
巻き返しは必至だろう。
 ナリティー at 2013/03/23(Sat) 08:20 
2013/03/17(Sun)
11R 第62回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
◎16番マンボネフュー
○5番ロゴタイプ
▲6番アクションスター
△2番タマモマイベスト
×10番シンネン
注14番フェイムゲーム

本命マンボネフュー
前走は途中からペースが落ち着いてしまったうえに、
内に包まれて動きたくても動けない競馬での敗戦で、
決して力負けではない。
一戦ごとに折り合い面での進境が見られるし、
今回は2戦2勝の中山コースに替わるのはプラス。
うまく勝った時のように終いを生かす競馬ができれば、
チャンスは十分だ。

11R 第61回 阪神大賞典(GII)
◎7番ゴールドシップ
○8番ベールドインパクト
▲6番デスペラード
△1番トウカイトリック
×9番マルカニビスティー
注3番フォゲッタブル

本命ゴールドシップ
皐月賞を勝った頃は、思い切ったイン衝きばかりが
話題になっりましたたが、昨秋からは完全に馬の強さが
前面に出た内容で3連勝中。
有馬記念でも、大外をまくっていったものの、
菊花賞と違い直線入り口ではまだ後方。
さすがに届かないと思われたが、
そこから桁外れの脚で前方馬群をひと呑み。
3つ目のG1制覇となった。
天皇賞に向けて、今回は負けられない一戦です。


 ナリティー at 2013/03/17(Sun) 05:18 
2013/03/16(Sat)
11R 第27回 フラワーカップ(GIII)
◎12番カラフルブラッサム
○11番エバーブロッサム
▲1番ダイワポライト
△3番レッドマニッシュ
×8番トーセンレディ
注4番サクラプレジール

本命
新馬戦ではシンザン記念で2着に善戦したヘミング
ウェイを負かし、黄菊賞ではキズナの3着。前走の
ビオラ賞でもサンガヴィーノの2着と牡馬相手で実
績を残しているのは心強い。阪神JFで5着したレー
ス内容からも牝馬限定戦のここなら力は上。スター
トさえ五分ならチャンスは濃厚だ。

11R 第27回 中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)
◎14番プレイズエターナル
○16番ティーハーフ
▲2番インパルスヒーロー
△7番ダイナミックガイ
×9番エールブリーズ
注3番ミリオンフレッシュ

本命プレイズエターナル
前走のクロッカスSはスタートで大きく出遅れて
後方からレースを進める形になり、
メンバー中最速の上がり3ハロン33秒6で追い上げて4着
10頭立ての大外10番枠で、外々を回る展開も厳しかった。
前走後はこの舞台を目標に調整されており善戦を期待したい。




 ナリティー at 2013/03/16(Sat) 10:06 
          1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
最新記事
最新コメント