2012/01/29(Sun)
01/29 根岸ステークス

◎ 5番 ダノンカモン
○ 12番 セイクリムズン
▲ 11番 テスタマッタ
△ 15番 タイセイレジェンド
△ 8番 ヒラボクワイルド

過去10年、ここをステップにフェブラリーSを制したのが僅か1頭でメイショウボーラー
前哨戦としては寂しい戦績だが、06年勝ち馬ビッググラスや07年勝ち馬ワイルドワンダーが
本番で3着に好走しているように、ここで強い競馬を見せれば
本番でも通用の可能性が出てきそうです。
今年はフェブラリーSと同じ東京1600mで行われた昨秋の
南部杯2、3着馬のダノンカモン、シルクフォーチュンが実績上位ですが、
適距離と思えるダノンカモンが本命です。

01/29 京都牝馬ステークス

◎ 5番 コスモネモシン
○ 11番 アスカトップレディ
▲ 4番 ショウリュウムーン
△ 3番 ドナウブルー
△ 6番 クィーンズバーン

年が明けて最初の牝馬重賞ですね。
ヴィクトリアマイルが創設された06年以降は勝ち馬全てが、
同年のヴィクトリアマイルに出走しており、
09年の覇者ヒカルアマランサスはその本番でも2着に好走している。
ドナウブルーやダンスファンタジア、ビッグスマイルなど賞金加算が命題となる明け4歳世代、
ブエナビスタが引退した牝馬戦線の勢力図を考慮すれば、
例年以上に本番へ向けて重要な一戦となりそです。

先週まで行われていた1回京都開催はとにかく前が止まらない馬場だっただけに、
AコースからBコースに変更された当週は勝敗に大きく左右するが、
本命は充実著しいコスモネオシンが本命です。
カシオペアステークスではダイワファルコンに屈しましたが、その後ダイワが中山金杯を制しており
その時3着だったのがショウリュウムーン
札幌記念でもトーセンジョーダンの0.3秒差の4着
牡馬相手に好走しており、牝馬限定戦ならやってくれると思います。
 ナリティー at 2012/01/29(Sun) 06:55 
2012/01/08(Sun)
日刊スポシンザン記念

◎ 13番 タツストロング
○ 7番 ジェンティルドンナ
▲ 9番 オリービン
△ 2番 タイセイシュバリエ
△ 11番 トウケイヘイロー

少し、穴予想です。
内枠有利ですが、ペースが上がりそうなメンバー構成なので
外枠の馬にもチャンスがありそうです。

前走、未勝利戦とはいえ強い勝ち方でした。
勝ちタイム1.22.0秒は優秀ですし阪神→京都なら
平坦コースで距離が伸びても持ちそうな感じです。

サクラバクシオー産駒でマイル戦は?ですけども・・・
1番人気馬が頼りなさ過ぎるので。

01/09 フェアリーステークス

◎ 9番 パストフォリア
○ 13番 オメガハートランド
▲ 8番 トーセンベニザクラ
△ 11番 ラシンティランテ
△ 15番 シャンボールフィズ

サンデー系を狙えば良いのですが、去年ファウブラヴ産駒の1.2着は
共に母父サンデーでした。

本命のパストフェリアは父シンボリクリスエスですが母父サンデー
少しずつ馬体重を増やしながら勝ち上がっている点など
前走、トーセンベニザクラにハナ差で負けはしたが
今度は逆転できるとみました。

2番手は能力の高いオメガハートランドに期待します。
 ナリティー at 2012/01/08(Sun) 07:04 
2012/01/05(Thu)
成績成績1

今年も上記の成績からスタートです。少しでも成績上位へ
目標は回収率100%以上です。

01/05 日刊スポ賞中山金杯

◎ 6番 コスモファントム
○ 8番 エーシンジーライン
▲ 5番 アドマイヤコスモス
△ 12番 フェデラリスト
△ 13番 エクスペディション

昨年はダート的要素を持った血統が1.2着。
アメリカンなコスモファントムに期待しました。
先行しても粘れそうな顔ぶれを上位に指名です。

01/05 スポニチ賞京都金杯

◎ 4番 マイネルラクリマ
○ 1番 オセアニアボス
▲ 7番 ダノンシャーク
△ 9番 ショウリュウムーン
△ 10番 サダムパテック

こちらは内枠有利で過去5年間では一桁馬番の馬が馬券に絡んでいます。
こちらは決め打ちで、内枠から買えそうな馬をチョイス。

なんとなく正月気分が抜けきらないですが、馬柱を見ると予想してしまう。

今年は、できるだけ1番人気馬を外して、回収率で勝負です。
 ナリティー at 2012/01/05(Thu) 09:45 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
最新記事
最新コメント