2011/12/24(Sat)
12/25 有馬記念

◎ 1番 ブエナビスタ
○ 9番 オルフェーヴル
▲ 10番 トーセンジョーダン
△ 2番 ヴィクトワールピサ
△ 7番 トゥザグローリー
注 12番アーネストリー

3冠馬オルフェーブルとJCを勝ったブエナビスタの激突で盛り上がりそうですね。
1昨年前は兄ドリームジャーニーとの叩き合いに敗れたブエナビスタですが
今度は弟オルフェーヴルの対戦だけに意地でも負けられない1戦です。

中山コースの中距離以上は同じ馬が何度も来るイメージがあるので
適正の高い馬をチョイスすれば、当りそうな気がします。

ただオルフェーヴル3冠とはいえ、中山を走っていないので、適正にやや不安があり
どちらを本命にするか迷いましたが・・・

本命はブエナビスタ、調教の動きが文句なしで、JCより更に状態が上がってきている。
中山コースの適正では1枚落ちる馬ですが好調さでカバーできるとみました。
よく考えたら1枠1番という最内枠を除けば、減点材料が見当たらないので
引退レースですし、ここまで大きな怪我もなく良く頑張った。
G1でもこれまで、あまり本命を打ってこなかったですが、最後は、この馬に勝ってほしいです。

オルフェーヴルの菊花賞直行組は11頭出走して1勝2着2回3着1回と健闘していますが
あのディープインパクトでさえ3冠後の有馬記念はハーツクライに敗れているし、
余力度で評価を下げてみました。

3番手トーセンジョーダンを本命にしようか迷いましたが、
調教の動きが物足りないものでしたし、JCのデキを何とかキープしている状態です。
絶好調のデキではありませんが血統的に中山2500mはベストとといえる舞台
本格化して今の充実ぶりなら逆転も考えられます。

4番手のヴィクトリワールピサは4戦全勝の相性抜群です。
自在に動ける馬で皐月賞は内に潜り込んで一瞬の脚を使いました。
枠2番GETで、どこからでも抜け出せる好位置をキープしてくるでしょう。

ほとんど上位人気の馬ばかりになりましたが・・・(笑)
去年3着でしたトゥザグローリーやアーネーストリーが来れば好配当。

G1で常に人気のブエナビスタが2着になるケースが多いですが
1着馬は人気薄を連れてくるパターンが多いので馬連で流してみましょう。


12/24 ラジオNIKKEI杯

◎ 7番 サンライズマヌー
○ 12番 トリップ
▲ 1番 エタンダール
△ 3番 ゴールドシップ
△ 13番 グランデッツァ

サンライズマヌーの新馬戦はレベルが高く、ここは狙いです。
エタンダールも前走のレースを見る限り、脚を余した印象が強く巻き返しに期待。
札幌2歳S組が強いですが、この2頭で決るとは思えないんですよね^^。

12/24 中山大障害

◎ 10番 ディアマジェスティ
○ 8番 マジェスティバイオ
▲ 3番 マイネルネオス
△ 4番 スプリングゲント
△ 2番 ドングラシアス
 ナリティー at 2011/12/24(Sat) 12:46 
2011/12/17(Sat)
12/18 朝日フューチュリティ

◎ 16番 ダローネガ
○ 2番 ローレルブレット
▲ 8番 ショウナンラムジ
△ 12番 トウケイヘイロー
△ 4番 マイネルロブスト
注 15番 レオアクティブ

2歳リーディーングサイアーも、先週までダイワメジャー産駒がトップでしたが
阪神JFの結果で今年もディープ産駒が賞金獲得、勝ち数でトップに躍り出ました。

2位ダイワメジャー産駒、地味に頑張っていますが、トップまでは
勝ち数で1差、賞金もわずかの差です。

朝日杯の中山では「特注」で走りそうなダイワメジャー産駒ですが
出走馬の中ではタガーネガ1頭だけです。

中山の外枠は不利ですが、過去の朝日杯では有力馬があまり外枠に入っていない点、
過去には15番枠からメイショウボーラーが2着になっています。

佐藤 哲三くん、アネーストリーの宝塚記念以降は重賞勝ちはないが、
エスポワールシチーやタップダンスシチーなど先行したときの騎乗は「うまい!」ので
ディリー2歳Sで最も強い競馬をしたのは、この馬ですからね。
頑張ってほしいです(笑)

○あと内枠からタイムが優秀でしたローレルブレット、千両賞は基準よりも0.5秒早いタイム、
新潟未勝利1.34.4秒も基準タイムを上回っていました。
2走前の黄菊賞は脚を余しての4着でしたが、力を出し切れば通用するはずです。

▲ショウナンラムジは京都未勝利戦1.33.4秒はタイムランクとしては優秀で
このレースからは、2頭が勝ち上がっています。
前走ベゴニア賞は外から蓋をされた格好で4着でしたが、
もう少しスムーズなら勝ち負けでした。

△トウケイヘイロ-くるみ賞はレコード決着、基準タイムより0.5秒早い時計で走っています。
距離1400mがベストなような気がしますが、前回のような競馬が出来れば中山でも対応できそうです。

△マイネルロブストは札幌2歳S3着馬、グランデッツァとは0.1秒差でした。
相手関係からもうちょっとやれるはず、前走、東スポでは不良馬場で度外視。

消したい馬は・・・

2戦2勝のアルフレード 2戦ともスローの経験しかなく
G1のキツイ底力勝負になれば不安が・・・。

あとクラレントも前走のダメージが残っているとの情報があり、
気になる馬ですが、思い切って消してみました。

えてして・・・消した馬が来るパターンも考えれるが(笑)

12/17 阪神カップ

◎ 6番 オセアニアボス
○ 4番 ガルボ
▲ 13番 サンカルロ
△ 12番 スマイルジャック
△ 17番 ミキノバンジョー

12/18 愛知杯

◎ 12番 フミノイマージン
○ 13番 レーヴディソール
▲ 4番 ブロードストリート
△ 15番 ワルキューレ
△ 2番 シンメイフジ
 ナリティー at 2011/12/17(Sat) 08:12 
2011/12/10(Sat)
 
12/11 阪神ジュベナイルF

◎ 15番 トーセンベニザクラ
○ 12番 ラシンティランテ
▲ 18番 サウンドオブハート
△ 8番 イチオクノホシ
△ 5番 ファインチョイス
注 2番 エイシンキンチェム

GIの中でも、非常に難しいメンバーが揃って困った予想です。
例年になくメンバーが小粒で18頭全てにチャンスがありそうです。

まず人気しそうなジョワドヴィーヴル
姉ブエナビスタは父スペシャルウィークのニジスキー4x3というクロスが発生するが、
父ディープ産駒は発生しない、どちらかというと兄トーセンレーヴの妹という見立て。
新馬戦の走破タイムが平凡で、人気を吸い取ってくれるとありがたい存在です。

本命は◎トーセンベニザクラ(タイムランクB)
赤松賞勝ち馬で1昨年ここを勝利したアパパネと同じような流れで同タイム。
上がり33.2秒はこの日行われた古馬芝レースの最速でした。
そこで負かした8着ハイリリーは葉牡丹賞の牡馬混合戦で3着に健闘している。
瞬発力勝負にも対応でき、先行しての好走も可能な馬で混戦に強いタイプ。

○ラシンティランテ(タイムランクC)
札幌2歳Sの勝ち馬グランデッツァ2着ゴールドシップ共に牡馬クラシック級の強い相手で
牝馬では最先着しています。
4着ベストディールが百日草特別を快勝している事からもレベルの高い1戦でした。

▲サウンドオブハート
前走の芙蓉Sは上がり最速で差されたサトノギャラントは次走ベゴニア賞を快勝。
その時に負かしたショウナンラムジは萩Sでアナスタシアブルーに先着している。
レベルの高い1戦ですが勝ちタイム1:35.5秒は同日2歳未勝利のミヤコマンハッタンより0.1秒劣る時計です。

△イチオクノホシ(タイムランクB)
サフラン賞で上がり最速をマーク、2着に負かした相手がトランドネージュ赤松賞3着馬。
ただトランドネージュはスタートで出遅れた為、勝ちっぷりほどの高い評価は不要で押さえ程度。

×ファインチョイスのファンタジーSは出遅れたもので+14キロも影響した。
終始悪い内馬場を通り折り合いを欠いてのもで改めて能力を示した内容でした。
展開がハマったアイムユアーズよりこちらをプッシュしたい。

注エイシンキンチェムのダリア賞2着に負かした相手が京王杯2歳Sレオアクティブ。
ダリア賞ぐらい走れば勝ち負けできそうです。
でも前走、負けすぎた感があるだけに1変まではどうでしょうかね、頑張ってほしいが。

あと気になる馬は多数いるだけに印が回りません。
アナスタシアブルーとかアイムユアーズはスピードタイプの馬だけにどうなのかな?
 ナリティー at 2011/12/10(Sat) 18:00 
2011/12/02(Fri)
12/04 ジャパンカップダート

◎ 16番 トランセンド
○ 6番 エスポワールシチー
▲ 11番 ミラクルレジェンド
△ 14番 ヤマニンキングリー
△ 9番 ワンダーアキュート
注 8番 バーディバーディ

去年は8番人気グロリアスノアと11番人気アドマイヤスバルの2.3着という波乱になりました。
勝つような馬は前に行く馬が多いのだけど、穴を開けるのは末脚のしっかりした馬が多いのが特徴です。

条件戦で差し届かずに負けていたような馬がローカルの重賞などの厳しい流れになると
末脚が届くようになるというのに近いのかも知れません。

エスポワールシチーとトランセンド、さすがに2頭とも倒すというのは難しいだろうから、
その次に強そうな差し馬を狙いうというのが良いと思うのだけど・・・。

本命の◎ 16番 トランセンド
南部杯は3F34.4秒ー5F57.8秒で超ハイペースだった安田記念よりやや遅いぐらい、
NHKマイルCや東京新聞杯とほぼ変わらないペースだった。

一旦はダノンカモンにクビ差交わされて、並の馬なら「ジーエンド」のパターンだが
更に外からシルクフォーチュンが襲いかかるという攻防の結論は、ゴール寸前で差し返しての勝利!
クロフネが武蔵野SやジャパンCダートで圧勝したレースと同じぐらいの衝撃をうけた。
ドバイWC2着馬の実績からしても絶対的な強さを味わせてくれました。
今回は一騎打ちというよりも「トランセンド1強体制」と思えるのでこれを最終決断とした。

△ 14番 ヤマニンキングリー
初ダートのシリウスSはほぼ追わずに勝利、先行したのが気になりますが
2000mで速い上がりを使っているし、外枠に入って差しに回れば面白そうです。

スマートファルコンにも中央での走りを見せてほしいところだが
JBCで逃げ切ってしまうんだから、強いの一言や。
周知の通り、地方専用G1馬であるため、通算成績が31戦21勝、ダートで掲示板を外したのが2回だけ。
なんだか武豊の連続G1勝ちの為だけに用意されているとも思えるが
JBCクラシックを勝利した後、「来年はドバイへ行きたい」とコメント。
Believe in yourself, and your dreams will come true.
果して「夢」は叶うのどうだろうか・・。
 ナリティー at 2011/12/02(Fri) 23:01 
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
最新記事
最新コメント