2011/09/24(Sat)

来週はいよいよ秋G1開幕!そして今週の注目は
ダービー馬オルフェーヴルの登場でしょう。
また2着ウインバリアシオンが前哨戦で屈辱を晴らすのか注目です。

菊花賞TRのセントライト記念と神戸新聞杯
セントライト記念は重賞勝ちのある3頭が勝ち上がりました。

神戸新聞杯はダービー1.2着馬の参戦もあって19頭の登録が
最終的には12頭に、トライアルレースの意味というか寂しい頭数になりました。

回避した馬は自己条件を勝って本番へ進むことになります。
古馬相手に勝利するのも至難の業ですから
どちらを選択するにしても狭き門、険しい道のりですね。

09/25 産経賞オールカマー

◎ 7番  アーネストリー
○ 6番  カリバーン
▲ 2番  コロンバスサークル
△ 3番  マコトギャラクシー
△ 9番  シャドウゲイト

アーネストリーは軽い捻挫で札幌記念を見送りましたが、
大事をとって、こちらにスライド登板してきました。
札幌記念よりはメンバーが低調で、強敵といえばカリバーンぐらい。
軽い芝の方が向くタイプですから、斬れ勝負に持ち込みたいところ。
一応、印は5頭しましたけど、最終は状態を見て絞ります。


神戸新聞杯

◎ 7番  オルフェーヴル
○ 5番  ウインバリアシオン
▲ 11番  フレールジャック
△ 6番  ショウナンマイティ
△ 3番  スマートロビン

距離2000m以上で負けなしのオルフェーヴルが本命、
右回りが?とか内に刺さるとか?調教でも真っ直ぐ走らないとか
不安な面が多いですが、それを差し引いても、能力が抜けている。
もはや相手は敵ではなく、自分との戦いでしょう。
後は人気順、それほど荒れないと予想しました。

2重賞とも頭が堅いので、観戦するレ-スでしょうか。
日曜日は運動会があるので、親子ダンス、頑張ってきます。
ビデオの撮影も義務化されているので、体力勝負になりそう・・・
 ナリティー at 2011/09/24(Sat) 08:42 
2011/09/19(Mon)

09/19 エルムステークス

◎ 5番  ランフォルセ
○ 9番  エーシンモアオバー
▲ 7番  キッズアプローズ
△ 12番  メダリアビート
△ 10番  クリールパッション

本命は手堅くランフォルセで・・・。

前走マリーンSではOPしらかばSの勝ち馬メダリアビートを3着に破っており
東海Sではワンダーアキュートの2着
この馬に関しては実力どおりの評価をして良いと思います。

そのOPしらかばSで2着だったエーシンモアオバーは
勝ち馬メダリアビートとは斤量差3.5キロがあり0.1差の2着
大沼Sではエーシンモアバーがメダリアビートを4着に負かしている点などから
2頭の力関係はエーシンモアの方が上の評価。

3番手評価キッズアプローズは格上挑戦で
前走は1000万下とは言え、1分43秒台と速い時計での勝ち上がり
ダートでは3着以下がなく底しれぬ魅力があります。

あと去年の覇者クリームパッションは一度叩いてから
目標となるレースだけに最後に押さえておきます。

馬券 馬連⑤-⑦⑨⑩⑫

 ナリティー at 2011/09/19(Mon) 07:04 
2011/09/17(Sat)
凱旋門賞の前哨戦フォワ賞はヒルノダムールが2着と惜しい競馬

勝ち馬サラフィナは狭いところを通りながら鋭く伸びる素晴らしい内容でした。

本番も1番人気になると思いますが、さすがの実力で手ごわい相手になるでしょう。

そのサラフィナに昨年の凱旋門賞で先着したナカヤマフェスタも
昨年のJC以来のレースということもあり、巻き返す余地は大きいはず。

そして、もう1頭のナカヤマナイトはニエル賞へ挑戦するも6着という結果という結果
欧州の馬場が合わなかったとはいえ、条件は厳しそう。

10/2凱旋門賞芝2400m ヒルノダムール ナカヤマフェスタ

10/1ドラール賞芝1950m ナカヤマナイト

凱旋門賞


09/18 セントライト記念


14番 サダムパテック
8番 ユニバーサルバンク
11番 フェイトフルウォー
2番 トーセンラー
× 1番 ベルシャザール
 
春の実績馬とひと夏越した上がり馬の戦いです、
成長度合いがわかりにくい難解なレ-スです。

本命はサダムパテック、中山弥生賞勝ちタイムは歴代のスターホースと遜色はなく
中山2200mは3~4角のコーナーが緩くスピードに乗り易いので
長く良い脚を使う展開で力を発揮を出来そうです。
問題は距離、母がダートの短距離馬なので限界があるタイプ、
勝ち切るまでは至らないかも知れません、連軸として期待したい。

あとペルシャザールは一週間追い切りでも遅れを取ったのが気になりますが、
どちらかというと、力勝負が得意なのでスパッと斬れる脚はないものの
先行馬が引っ張る流れなら、粘り込みも十分、考えられます。
内枠は包まれて本来の力を発揮できない場合もあり予想は×印。

フェイトフルウォーはステイ×メジロマックイーンの黄金配合で
上がりのかかる消耗戦に強い血統なので3番手評価に。

◎○~▲△×=7点


09/18 関西TVローズS

9番 マルセリーナ
8番 ホエールキャプチャ
12番 ビッグスマイル
6番 エリンコート
13番 メデタシ

マルセリーナで桜花賞を貰ってオークスではホエールキャプチャを本命にした経緯があるので
どちらを取るか迷いましたが、当日の馬場は「重」かな・・・?だったらどうしょう・・・
この2頭とオークス馬を入れた3頭の戦いだとは思います。

3番手のビッグスマイルは500万下を勝ったばかりですが
前走残り400~200mにかけてのラップが10.3秒で自身のラップはそれ以上
残り200mは12.3秒と落ち込んだのですが、最後100mぐらいは流す感じでした。
時計が優秀で強烈な決め手があるので阪神外回りなら。
上がり馬では、この馬かなって感じです。

◎○~▲△×注=7点

 ナリティー at 2011/09/17(Sat) 07:50 
2011/09/10(Sat)
今週は日本ダービー以来、3ヶ月半ぶりに3重賞が行われますね。

中山では京成杯AH、阪神では朝日チャレンジCとセントウルSが行われますが、
やはり個人的に最も注目しているのはセントウルS。
スプリンターズSへ向けてのトライアルレースであると同時に、
サマースプリントシリーズの最終戦でもあります。

現在同シリーズの首位には安田隆厩舎のカレンチャンが立っておりますが、
セントウルSは同厩舎のダッシャーゴーゴーがいますから
他馬の逆転優勝をダッシャーが阻止できるのかも興味があります。
まぁ、3つも予想するのだから、一つぐらいは当てたいです(^^

09/11 セントウルステークス

◎ 13番 グリーンバーディー 
○ 4番   ラッキーナイン 
▲ 14番  ダッシャーゴーゴー
△ 2番  ヘッドライナー
△ 9番  エーシンヴァーゴウ

セントウルS=サクラバクシンオー産駒というイメージが強いですけど
先行できる脚質が相性の良さにプラスされているようにも思える。
ヘッドライナー辺りは北九州記念で前々で粘っているから、このレースに向いている感じ。

エーシンリジルやエーシンヴァーゴウの2頭は、そろそろ夏の疲れが出てくる頃、
調教の動きが、今ひとつ上がらないのが気になります。
ただ過去の優勝馬サンアディユやメリッサ、3着コスモベルなど
アイビスSD組が好走していることからエーシンヴァーゴウは最後に押さえました。

外国馬のどちらを本命にするか迷ったが
1200m戦経験豊富なグリーンバーディーを上に、
ラッキーナインは、ここで消えてもらって本番に狙いたい馬です。

キンシャサノキセキがいないので日本のエースはダッシャーゴーゴーとなりますが
日本のレベルがいかほどのものかお手並み拝見したいところです。

香港馬2頭を中心に
馬連⑬④-⑭②⑨①⑦ 10点。

09/11 京成杯オータムハンデ

◎ 8番  フィフスペトル
○ 1番  コスモセンサー
▲ 2番  オセアニアボス
△ 9番  タマモナイスプレイ
△ 11番  マイネルファルケ

1番人気馬は現在8連敗中で、フィフスペトルその殻を破るでしょうか、
中山コースとの相性が良く、大外枠で敗戦したダービー卿4着を除けば
「2.1.1.1」馬券圏内の突入確立は高そうです。
斬れる脚も使えるが本質的には力勝負、中山マイルの舞台はベストですね。
コスモセンサーも同じ口ですが、このコースは内が詰まり易く
最内枠で捌けないと苦しくなります。
前有利なのは間違いなさそうなので、先行脚質の馬を順番に。
斬れで勝負したい口は差し損ねに期待です(^^。

馬連⑧①-②⑨⑪⑭
 ナリティー at 2011/09/10(Sat) 07:11 
2011/09/10(Sat)

09/10 朝日チャレンジカップ

◎ 9番  レディアルバローザ
○ 4番  ミッキードリーム
▲ 8番  ヤマニンキングリー
△ 3番  エーシンジーライン
△ 1番  ガンダーラ

開幕週で内回りコースの阪神2000mですから
激しいポジション争いからハイペースになることが予想されます。
前残りのイメージが強い為、早めに仕掛けたり、
前半から好位を取りにくるので、ペースは淀みないだろう。

1.2番人気が非常に強いレースで基本的には1度叩かれた馬が狙いとなります。

レディアルバローザの前走は最内枠と雨、やや急仕上げでプラス8キロの馬体重が
響いた敗戦で理由はハッキリ。今週の追い切りは伸びのある走りで状態も上がってきましたね。
G1で好走したのはメンバー中この馬だけなので、牡馬相手も互角以上に戦えます。
キンカメ産駒の距離2000m内回りでの成績が今一つですが
ステップアップした今なら好走可能とみました。
相手は先行脚質の馬を中心に印しました。

馬連⑨-④⑧③①
 

 ナリティー at 2011/09/10(Sat) 06:11 
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
最新記事
最新コメント